高崎の歴史

昭和23年4月に土木事業を主とする建設業 高崎土建として創業し、主に鹿島組(現 鹿島建設株式会社)の下請として、和歌山住友金属工業株式会社建設工事のうち資材運搬工事や、昭和26年の岐阜県下関西電力角川発電所工事の資材運搬に従事しました。当時は人力を主体にしていましたがトラックを導入し、当初から生産性の向上と省力化を図り大型機械土工専門業者としてスタートを切りました。

昭和34年8月からは当時の大型ダムの一つである関西電力黒部川発電所工事のうち、ダム原石運搬工事を鹿島建設(株)より受注し、貸与されたアメリカ製インターナショナル、ユークリッド等の大型ダンプトラックで工事を行っていましたが、不足を補うために日本では当時の最新大型ダンプトラックであったTD8tダンプ 20台を購入し工事を成功させ、機械土工専門工事業者として先駆をつけ、有数の大型機械土工専門工事業者としての地位を高めました。